ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 在宅医療連携拠点推進事業

在宅医療連携拠点推進事業

在宅医療連携拠点推進事業

1 目的 

 住み慣れた地域で生活することを支えるためには、医療・介護にまたがる様々な支援を提供する必要があります。本県では、在宅医療・介護を連携させる仕組みを面的に整備するため、市町村や地区医師会等を連携拠点として、地域の医師、歯科医師、薬剤師、看護職員、ケアマネジャー等の多職種協働による在宅医療支援体制の構築を図り、在宅医療に関する地域住民への普及啓発を促進することにより、在宅医療提供体制の構築を目的とする「在宅医療連携拠点推進事業」を実施します。

2 事業内容

(1) 多職種連携の課題の抽出と解決策の検討
(2) 在宅医療従事者の負担軽減の支援
(3) 効率的で質の高い医療提供のための多職種連携
(4) 入院病床の確保及び家族の負担軽減に向けた取組み
(5) 在宅医療に関する地域住民への普及啓発活動

3 実施期間

平成26年1月から平成27年3月まで(15か月間)

在宅医療連携拠点推進事業説明会の開催について

在宅医療連携拠点推進事業補助事業者の決定について 

在宅医療連携拠点推進事業中間報告会(第1回)の開催について

在宅医療連携拠点推進事業・地域包括ケアモデル事業合同活動報告会の開催について

在宅医療連携拠点推進事業成果報告会