MENUCLOSE

文字サイズ
標準
拡大

はるひの家について

施設概要

はるひの家(旧はるひ台学園)は、児童福祉法第42条に基づいて設置された福祉型障害児入所施設で、知的障害児を受け入れています。

昭和43年6月
はるひ台学園 一部開所 入所定員50名
昭和44年4月
全部開所 入所定員200名
昭和51年4月
入所定員175名
昭和58年4月
入所定員130名
平成19年4月
入所定員80名
平成31年3月
はるひの家として組織、
建物ともリニューアル 入所定員33名

事業概要

はるひの家で生活している利用者一人一人の自立を目指しています。
  • 個別支援計画を作成し、基本的生活能力と社会生活能力の向上を図っています。
  • 自閉症、強度行動障害児の支援を積極的に行っています。
  • 医療支援として、嘱託医による定期的な診療とともに、中央病院と連携して迅速でより適切な診断、治療及び健康管理に取り組んでいます。
  • 利用者の保護者との連携として、各種行事、面会、家庭帰省などを通して、利用者と家庭とのふれあいを深めると共に、保護者との連携を密にして利用者の進路、療育支援を行っています。
  • 小規模(5~7人)なユニット方式で、家庭的な環境の中で生活していただけます。
地域社会のニーズに応えていきます。
  • 短期入所(ショートステイ)事業を積極的に行っています。保護者が病気になられたり、休養を取られたりする時に、短期間お子さんをお預かりしています。
  • 福祉職、教員養成の実習の場を提供しています。
  • ボランティアの受け入れを通して、地域との交流を図っています。

利用(入所)のご案内

平成30年度の入所方針について
  • 家庭復帰を基本に、自閉症を併せ持つ知的障害児を主体として、有期(原則1年以内)・有目的で受け入れます。
  • 18歳未満の再入所を妨げません。
  • なお、短期入所については積極的に受け入れます。
療育総合センター利用(入所)のご案内
重要事項説明書
入所についてのご相談は

お近くの児童相談センターまたは市町村役場におたずねください。短期入所(ショートステイ)利用を希望される方は、地域支援課心身障害支援グループに相談してください。