中央病院について

当院の理念

私たちは
成長や発達に支援を必要とする方に、
より良い医療を提供するように努めます。

基本方針

  • 胎児期から成人までを対象とし、患者さんの目線に立ったやさしく、安心できる医療を行います。
  • 心とからだの成長・発達に影響する子どもの疾患を総合的に判断し、良質な医療を専門的に提供します。
  • 患者さんが自立した生活ができるよう、在宅支援や地域との医療連携を推進します。
  • 成長・発達に影響する病気の原因追究および治療の開発を、発達障害研究所やこばと学園と協力して進めます。

患者と家族の権利

  • 人としての尊厳が守られる権利があります。
  • 平等で安全かつ最善の医療を受ける権利があります。
  • 納得のできるまで十分な説明を受ける権利
  • 自ら医療を選択し決定する権利があります。
  • 担当医以外の医師の考え(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • 個人情報とプライバシーが守られる権利があります。
  • 診療録の開示を求める権利があります。
  • 年齢や状況に応じた発達支援を受ける権利があります。

患者様の責務(責任と義務)について

  • 安全で適切な医療をお受けになるために、ご自分の健康、病状に関する情報を医師をはじめ病院職員にできる限り正確に提供し、治療に協力する責務があります。
  • すべての患者様が等しく適切な医療を受けられるように、他の患者様への診療入院生活、病院職員の医療提供に支障を与えないように配慮する責務があります。
  • 安全で優しい療養環境を維持するために、医療に関する法律や病院で決めた約束事などをお守りいただく責務があります。