ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新エネルギー実証研究エリア > 加水分解技術によるバイオメタン生産の高効率化と発電・熱利用システムの実用化に関する実証研究

加水分解技術によるバイオメタン生産の高効率化と発電・熱利用システムの実用化に関する実証研究

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

実証研究実施者

株式会社伸光テクノス 

内容

 伸光テクノスの「加水分解装置を用いて植物性廃棄物原料から生成物を短時間に製造する技術」と新エネルギー実証研究エリアで実証研究を行っていた名城大学の「生成物からバイオメタンを生成する技術(GETシステム)」とを組み合わせ、稲わらからバイオメタンを高効率に生産する実証実験を行っています。生産したバイオメタンをガス発電エンジンでエネルギー変換するとともに、排熱を温水等に利活用するシステムへの応用が期待されます。

 

伸光テクノス研究内容