ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 愛知用水水道事務所 > 知多浄水場のあらまし

知多浄水場のあらまし

あらまし

水道事業

水道事業は、愛知用水事業の一環として昭和32年度に工事に着手し、昭和37年1月から給水を開始しました。その後著しい経済発展と地域開発に伴う人口の増加、生活水準の向上による水需要の増加に対処するため、第1期、第2期、第3期の拡張事業を実施し現在に至っていますが、知多浄水場は、第3期事業として一日最大給水量165,400立方メートルを供給するため、昭和50年10月に工事に着手し、昭和52年10月に施設の半分が出来上がり一部給水を開始しました。昭和56年には残りの施設も完成し、諸設備を整備して、平成6年からは一日最大給水量206,300立方メートルが給水可能となり、現在、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町の4市5町へ給水しています。

なお、平成10年3月には恒久水源である長良川河口堰からの導水施設が完成し、同年4月より導水しています。

上水事業

工業用水道事業

工業用水道事業は、水道事業と同様に愛知用水事業の一環として昭和33年度に工事に着手し、昭和36年12月から給水を開始しました。その後、工業地域の発展に伴う水需要の増加に対処するため、第2期、第3期、第4期の事業を実施し、現在に至っていますが、知多浄水場は、第2期事業として一日最大給水量172,800立方メートルを供給するため、昭和38年9月に工事に着手し、昭和40年3月に完成、同年5月から給水を開始しました。その後、第3期事業として、昭和40年8月に一日最大給水量372,800立法メートルを、さらに第4期事業として昭和46年3月に一日最大給水量472,800立法メートルの施設に拡張され、現在、知多市、東海市、阿久比町、東浦町内の30事業所に給水しています。

佐布里池は、工業用水の調整池として第2期事業で建設され、昭和40年5月に完成しました。

工業用水事業

PFI事業

平成20年2月から排水処理設備をPFI事業として開始しました。

問合せ

愛知県企業庁 愛知用水水道事務所 知多浄水場
電話: 0562-55-3501
E-mail: chita-josui@pref.aichi.lg.jp