ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

排水処理施設

排水処理施設

排泥池

排泥池




沈でん池の池の底にたまった堆積物は、かき寄せられ、堆積物を引き抜きポンプで排泥池に送られます。送られてきた泥水状の堆積物を泥と水を分けるための池です。分離した泥は濃縮槽へ、水は排水池へ送ります。


RC造:23.0m×23.0m×4.0m・・・2池
容量:2,116立方メートル/池
返送水ポンプ:Q=1.3立方メートル/分 H=18m M=11kw・・・2台

排水池

排水池




排泥池から送られてくる水やろ過池などを洗った水を一時的に溜めておく池です。この水は着水井へ返送します。


RC造:23.0m×7.0m×6.0m・・・2池
容量:966立方メートル/池
返送水ポンプ:Q=5.3立方メートル/分 H=20m M=37kw・・・2台

濃縮槽

濃縮槽




排泥池から吸い上げた泥を、さらに濃縮させ、泥と水とに分けるための池です。

RC造:φ25.0m×4.0m・・・2池
容量:2,000立方メートル/池
汚泥引抜ポンプ:Q=1.0立方メートル/分 H=14m M=7.5kw・・・2台

排水処理棟(PFI事業)

排水処理棟



濃縮槽からの汚泥を機械的に脱水する設備です。脱水した泥(発生土)は園芸用土にするなど、有効利用しています。
なお、この汚泥の脱水処理から発生土処分までの一連の工程で必要となる施設整備(脱水機の新設、増設、更新等)と管理運営にかかる業務については、民間の資金や手法を活用するPFI手法を導入しています。


RC造:22m×20m×地上3階
脱水機:横型加圧ろ過機・・・2機