ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 求人・雇用 > 啓発冊子「人権を尊重した採用選考」を作成しました

本文

啓発冊子「人権を尊重した採用選考」を作成しました

ページID:0357365 掲載日:2022年8月8日更新 印刷ページ表示
5 ジェンダー平等を実現しよう8 働きがいも経済成長も10 人や国の不平等をなくそう16 平和と公正をすべての人に17 パートナーシップで目標を達成しよう

 公正な採用選考のために

 日本国憲法では、基本的人権として「職業選択の自由」をすべての国民に保障し、誰もが自由に自分の適性や能力に応じて職業を選ぶことができるものとされています。 

 雇用主の皆様方におかれましても、就職の機会均等の確保を図る当事者として、人権を正しく理解し、社会的責任の自覚の上に立った対応をお願いいたします。

 この度、雇用主の皆様に公正な採用選考の取組を実施していただくにあたり、人権問題全般に関する正しい理解と認識を深めていただくことを目的として、啓発冊子「人権を尊重した採用選考」を作成しました。

 業務の参考としていただくとともに、引き続き公正な採用選考の実施に御協力いただきますようお願いいたします。

啓発冊子「人権を尊重した採用選考」

1 規格・部数・配布先

 【規格】A4判、中綴、60ページ(端書、目次含む)、1色刷り

 【部数】11,500部

 【配布先】県内各ハローワーク、経済・労働団体、人権関係機関、県民相談室など

2 概要

  人権を尊重した採用選考(2022.7発行) [PDFファイル/1.41MB]

  第1 公正な採用選考に向けて(P.1~3)

  第2 部落差別(同和問題)と就職差別(P.4~6)

  第3 男女平等な採用選考(P.7~12)

  第4 年齢に関わりない採用選考(P.13~15)

  第5 障害者の雇用促進と公正な採用選考(P.16~18)

​  第6 外国人労働者の雇用と公正な採用選考(P.19~21)

​  第7 性的少数者の雇用と公正な採用選考(P.22~25)

​  第8 就職差別解消に向けた取組(P.26~29)

  第9 採用選考にあたって(P.30~44)

  関係資料(P.45~55)
  
≪全国高等学校統一応募用紙​、新規大学等卒業予定者用標準的事項の参考例​、厚生労働省履歴書様式例​、職業相談票(乙)、​面接判定基準の一例​、愛知県人権尊重の社会づくり条例​、関係法令等​≫

  問い合わせ先(P.56~57)
  

参考:公正採用選考人権啓発推進員制度

 厚生労働省では、すべての人々の就職の機会均等が保障されるよう、事業主を始めとする雇用する側の皆さまに、人権問題を正しく認識していただき、応募者の適性と能力のみに基づく公正な採用選考システムの確立を目的とした 「公正採用選考人権啓発推進員制度」を定めています。

 一定規模以上の事業所においては、「公正採用選考人権啓発推進員」を設置いただき、公正採用選考人権啓発推進員を選任又は変更した場合は、管轄のハローワークに届出をお願いします。

 制度の詳細や届出様式については、愛知労働局のWebページを御覧ください。

問合せ先

 愛知県 労働局就業促進課
 高齢者・障害者雇用対策グループ
 電話:052-954-6367(ダイヤルイン)
 E-mail: shugyo@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)