ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 水産試験場 > 海況速報 (黒潮流路と水温分布)

本文

海況速報 (黒潮流路と水温分布)

ページID:0386324 掲載日:2022年8月5日更新 印刷ページ表示

黒潮流路と水温分布

○ 黒潮流路
 8月5日の人工衛星画像によると、黒潮は潮岬沖から南下を始め、遠州灘沖の北緯30度付近を通って、北緯34度付近まで北上し、熊野灘に著しく接近した後、房総半島沖へ流れています。現在の流路は、流軸が御前崎沖正南を北緯33度以北で通過するAs型流路となっています。

○ 渥美外海の状況
 現在、黒潮が志摩半島に接岸しており、渥美外海では黒潮本流の影響が強まっています。伊勢湾湾奥部は河川水、遠州灘沿岸部は湧昇の影響により周囲よりも水温が低下しています。流路変動に影響する黒潮流量の指標となるトカラ海峡(名瀬-西之表)の潮位差は、依然低い水準で推移しており、大蛇行離岸流路が継続すると推測されます。

令和4年8月5日の水温分布と黒潮流路(詳細図)

詳細図  水温カラーバー

令和4年8月5日の水温分布と黒潮流路(広域図)

広域図  水温カラーバー

 

     「海況情報」バックナンバー

令和4(2022)年

令和3(2021)年

令和2(2020)年

 

平成31・令和元(2019)年

平成30(2018)年

平成29(2017)年

平成28(2016)年

平成27(2015)年

 

水産試験場のトップページへ戻る

問合せ

愛知県 水産試験場 漁業生産研究所
電話: 0569-65-0611
ファックス: 0569-65-2358

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)