ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化・芸術 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 【知事会見】美術品等取得基金に特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入します

【知事会見】美術品等取得基金に特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新

美術品等取得基金に特別枠を設け、愛知県美術館で若手作家の現代美術作品を重点的に購入します

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、作家・アーティストが作品を発表し、収入を得る機会が失われています。
 そこで、愛知県では、今年度から3年間、美術品等取得基金に1億円の特別枠を設け、若手作家の現代美術作品を重点的に購入し、支援します。
  購入した作品は、今後、愛知県美術館でのコレクション展等、様々な機会を通じて、紹介していく予定です。

1 特別枠の期間及び金額
期間金額
2020年度から2022年度まで1億円 /3年

  ※通常の購入枠(90,000千円/3年)とは別に、特別枠を設定。

2 購入対象

 ・ 日本在住の若手作家(20歳代から40歳代まで)が制作する現代美術作品
    (絵画、彫刻、映像等)

 ・ 今年度は30人程度の若手作家から作品を購入予定