ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 >                               > 感染状況が警戒領域に入ったとの認識を踏まえての県民・事業者の皆様へのお願い

感染状況が警戒領域に入ったとの認識を踏まえての県民・事業者の皆様へのお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月21日更新

感染状況が警戒領域に入ったとの認識を踏まえての県民・事業者の皆様へのお願い

 現下の感染状況等を踏まえると、警戒領域に入ったと認識します。
県民・事業者の皆様には、改めて以下の点に留意し、再度の感染拡大の防止にご協力をいただきますようお願いいたします。

(1)感染防止対策の徹底

・事業者の皆様、特に、「バーやクラブ等の接待を伴う飲食店」及び「その他の酒類の提供を行う飲食店」では、業種別に策定された感染拡大予防ガイドラインや、本県の感染防止対策リストを遵守し、各施設での感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

・県に「安全・安心宣言施設」として届け出ていただき、県から提供するPRステッカーやポスターを各施設に掲示し、利用者に施設の安全性と対策への協力を呼び掛けていただくようお願いします。

・県民の皆様には、これらのPRステッカー等が掲示された「安全・安心宣言施設」など、感染防止対策が徹底された施設を利用していただくようお願いします。

・イベント開催に際しては、制限の段階的緩和の目安を遵守するとともに、「全国的又は大規模なイベント」を開催する場合は、県への事前相談を行っていただくようお願いします。

(2)「新しい生活様式」の実践等の適切な行動  特に、20歳代、30歳代の方々の行動を注意

・「三つの密」を回避し、人と人との距離を確保するなど、基本的な感染対策を継続する「新しい生活様式」の実践をお願いします。

・陽性者と接触した可能性を通知する国の接触確認アプリを活用し、検査の受診など保健所のサポートを早く受けていただくようお願いします。

・特に、20歳代、30歳代の方々は、ほとんど軽症又は無症状であるため、無意識のうちに重症化リスクの高い方々に感染を広めてしまうことの無いよう自覚をもった行動をお願いします。

(3)不要不急の東京への移動自粛

・愛知県では、感染症疾患者の感染経路の約4割が首都圏等の県外由来となっていますので、特に新規感染者数が顕著に増加している「東京への不要不急の移動」は自粛していただきますようお願いします。