ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 新型コロナウイルス抗体保有調査の実施について
愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト

新型コロナウイルス抗体保有調査の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月28日更新

新型コロナウイルス抗体保有調査の実施について

 愛知県は、厚生労働省が実施する新型コロナウイルスに対する抗体保有調査に協力し、愛知県内在住の方約3,000人を対象に調査を実施することとなりましたので、お知らせします。県民の皆様のご協力をお願いします。
 この調査は、厚生労働省が本年6月に実施した第1回調査(宮城県、東京都、大阪府の3都府県が対象)に続く、第2回の調査であり、5都府県(宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県)の約15,000人(各都府県約3,000人)を対象に実施します。

1 調査の目的

 厚生労働省が、我が国の社会全体の新型コロナウイルスに対する抗体の保有状況を把握するため、実施するものです。

 抗体調査とは:ウイルスに対する抗体の有無を調べる検査であり、感染歴の有無を確認するために実施される。陽性となる時期は症状出現後、1~3週間を経過した後となる。

2 検査の対象

 20歳以上(2020年12月1日時点の満年齢)で、県内在住の方を対象とします。

3 申込方法 <募集期間は終了しました>

 応募者の中から、性別、年齢、地域分布が県内全域と等しくなるよう層別化した上で選定し、選定結果をお知らせします。

4 募集期間 <募集期間は終了しました>

 2020年12月1日(火曜日)午前9時から12月6日(日曜日)午後5時まで

5 抗体検査の日程・会場

 (1)日程:2020年12月15日(火曜日)、17日(木曜日)、18日(金曜日)、19日(土曜日)、20日(日曜日)の5日間
 (2)会場:名古屋市、尾張地域、三河地域の公共施設
    ※ 会場ごとの詳細については、別添 [PDFファイル/50KB]のとおり。
    ※ 検査費用は無料(会場までの交通費、駐車場代等は自己負担)

6 抗体検査の方法

 厚生労働省から委託を受けた、(公財)結核予防会愛知県支部(愛知県健康づくり振興事業団)が実施します。

 協力いただく方から10mL採血し、抗体の有無を測定します。

7 検査に当たっての注意事項

 当日は会場にて検温し、発熱がある方は受検できません。

 また、会場ではソーシャルディスタンスの確保や換気など、感染防止対策に配慮します。

8 検査結果

 後日、検査結果をご本人様宛に郵送にてお知らせします。

9 問合せ先

 愛知県感染症対策局感染症対策課感染症対策調整グループ
 電   話:052-954-7466
 対応時間:平日午前9時から午後5時まで

10 参考資料

 新型コロナウイルス抗体保有調査の実施について、よくある質問(FAQ)をまとめましたので、参考としてください。

  新型コロナウイルス抗体保有調査に関するFAQ [PDFファイル/103KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)