ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト > 新型コロナウイルス感染症ページへの患者に関する非公開情報の掲載について

新型コロナウイルス感染症ページへの患者に関する非公開情報の掲載について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月5日更新

新型コロナウイルス感染症ページへの患者に関する非公開情報の掲載について

 愛知県新型コロナウイルス感染症に関するWebページ上に、本日午前9時30分頃から午前10時15分まで、県内発生事例1例目から495例目までの患者に関する非公開情報を誤って掲載しました。
 このような事態を招いたことを深くお詫びしますとともに、今後、ダブルチェック等の対応を徹底し、再発防止に努めてまいります。

1 経緯

○ 5月4日(月曜日)午後9時30分頃
  愛知県新型コロナウイルス感染症に関するWebページに、「県内発生事例一覧表」を5月5日(火曜日)午前9時15分に掲載されるよう設定した。(患者個人情報も掲載されたファイルを誤って登録)
○ 5月5日(火曜日)午前9時30分頃
  愛知県新型コロナウイルス感染症に関するWebページに、上記「県内発生事例一覧表」が掲載された。
○ 同日 午前10時5分頃
  県民の方から、「県内発生事例一覧表」に個人情報が掲載されている旨の問合せが電話であった。(同様の問合せが他に2件あり。)
○ 同日 午前10時15分頃
  当該Webページから誤って掲載された「県内発生事例一覧表」を削除し、閲覧できないようにした。

2 誤って掲載した内容

○ 誤って掲載した内容
 患者の氏名、入院先医療機関、入院日、転院先医療機関、転院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称及び分類
○ 本来の公開内容(別紙参照)
 発表日、年代・性別、国籍、住居地、接触状況、備考(県、名古屋市又は中核市別の発生事例番号)

3 原因

 患者の氏名、年代、性別等の情報をエクセルファイルで作成・管理している。
 このエクセルファイルから、個人情報を削除したデータファイルを作成し、Webページに掲載している。
 今回、患者の個人情報が含まれたエクセルファイルを誤ってWebページ上に掲載してしまった。
 また、昨日はWebページの作成者と承認者が同一人物であったため、ダブルチェックができていなかった。

4 再発防止策

 個人情報が掲載されたエクセルファイルとは別に、Webページに掲載するエクセルファイルを作成し、PDFファイルに変換して、Webページに掲載する。
 また、Webページへの掲載に当たっては、複数人で個人情報に係る項目が掲載されていないことの確認を徹底する。

5 患者への対応

 個人情報を掲載した患者様には、順次、県からお詫びを申し上げております。

6 問合せ

健康対策課 新型コロナウイルス感染症対策室
感染症グループ
感染症対策調整グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 
Tel:052-954-6272

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)