ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト

ワクチン接種の状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月24日更新

接種状況0924

※ 接種回数は国公表数値等より引用

  医療従事者等のうち、医療従事者の接種者数は、7月21日時点のV-SYS登録実績

  医療従事者等のうち、高齢者施設従事者の接種者数は、7月20日時点のV-SYS登録実績

  医療従事者等のうち、大規模接種会場でのキャンセル枠(県・市)は、9月21日時点の実績

  職域接種回数は、9月22日時点のV-SYS登録実績

※ 職域接種回数のうち、「(4)うちVRS登録済数」は、「(2)一般接種全体」に重複して含まれているため、合計の算出にあたっては除外しています。

【医療従事者等への接種実績について】

 V-SYSの実績登録に関するシステムロックのため、医療従事者は7月21日、高齢者施設等の従事者は7月30日をもって、接種実績の更新は行われません。

国公表数値との違いについて

1 大規模集団接種会場でのキャンセル枠での接種実績について

 愛知県では、大規模集団接種会場開設当初から、接種能力を最大限に生かすため、接種券が無い場合でも、キャンセル枠を活用した追加接種を積極的に行ってきました。

 しかしながら、こうした追加接種の実績のうち、ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)の運用が停止された7月22日以降の接種実績94,743回(1回目接種35,137回、2回目接種59,606回)は、国公表数値(医療従事者等の接種回数)に計上されていません。

 キャンセル枠を活用した追加接種についても、県民の皆様にワクチン接種を実施した実績に他ならないため、愛知県では、7月22日以降に接種した分も含め、これまでに実施したキャンセル枠の追加接種の総数を独自に集計し、上記表の「(1)医療従事者等への接種」欄の「大規模集団接種会場でのキャンセル枠(県・市)」に掲載しています。

 なお、「大規模集団接種会場でのキャンセル枠(県・市)」には、県の大規模集団接種会場だけでなく、市(名古屋市、半田市、長久手市)の大規模集団接種会場において、接種券無しで接種した分も含まれています。

2 職域接種の実績について

 職域接種については、6月の開始から、接種券無しでの接種が認められており、接種券が届き次第、企業等においてワクチン接種記録システム(VRS)への登録(接種記録の登録)を行うこととされています。

 しかしながら、現状では、VRSへの登録が進んでいないため、実際の職域接種の接種状況とVRSの登録実績には大きな隔たりがあります。

 愛知県では、県民の皆様に、実際の職域接種の状況を知っていただくため、上記表の「(3)職域接種回数」欄に、県で確認した職域接種の総接種回数を掲載しています。

 なお、国公表数値の一般接種の接種実績には、VRSに登録済みの接種回数のみが計上されています。