ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 実施許諾募集中の県有特許(医療・福祉・衛生)

実施許諾募集中の県有特許(医療・福祉・衛生)

医療・福祉・衛生
発明の名称登録(出願)日
登録(出願・公開)番号
概要試験研究機関
黄色ブドウ球菌の遺伝子型別分類法およびこれに用いるプライマーセット平成24年9月14日
特許第5083571号
黄色ブドウ球菌院内感染における分子疫学解析には、既存の技術では3日以上要するが、本発明は4時間以内にかつ簡便に分子疫学解析を行うことができるため迅速な感染源調査を可能とする技術。衛生研究所
緑膿菌の遺伝子型別分類法およびこれに用いるプライマーセット平成27年3月13日
特許第5707641号
緑膿菌院内感染における分子疫学解析には、既存の技術では3日以上要するが、本発明は4時間以内にかつ簡便に分子疫学解析を行うことができるため迅速な感染源調査を可能とする技術。衛生研究所
アシネトバクター属菌の遺伝子型タイピング法及びこれに用いるプライマーセット平成29年6月23日
特許第6160015号
アシネトバクター属菌の院内感染において、感染源調査に必要となる菌種同定及び分子疫学解析は、既存の技術では3日以上要するが、本発明は4時間以内にかつ簡便に菌種同定及び分子疫学解析を行うことができるため迅速な感染源調査を可能とする技術。衛生研究所
大腸菌の遺伝子型タイピング法及びこれに用いるプライマーセット平成30年8月24日
特許第6387500号
大腸菌による食中毒や院内感染において、感染源調査に必要となる分子疫学解析は、既存の技術では3日以上要するが、本発明は4時間以内にかつ簡便に分子疫学解析を行うことができるため迅速な感染源調査を可能とする技術。衛生研究所
Clostridium difficileの遺伝子型タイピング法及びこれに用いるプライマーセット 平成29年6月27日
特開2019-4811   
院内感染の原因菌の一つであるクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)について、医療現場において簡便に遺伝子型別分類を実施する技術。衛生研究所 
血清の製造方法平成20年4月18日
特許第4110285号
血漿にカルシウム化合物及び血清分離促進基材を添加して血漿中のタンパク質性血液凝固因子を凝固させ、その凝固したタンパク質性血液凝固因子を除去して血清を製造する方法の提供。がんセンター
HLA‐A2402拘束性Ep‐CAM特異的CTLが認識するエピトープ・ペプチド及びその用途平成23年7月15日
特許第4779067号
平成21年11月17日
US7619058
平成22年12月7日
US7846651
上皮細胞接着分子を標的とする細胞傷害性Tリンパ球が認識するペプチドを提供。がんセンター
心血管系疾患既往区別方法平成24年10月12日
特許第5105583号
血液の分析により血栓を起因とする疾患・症状に直接結びつく各種成分のデータ収集方法を提案。がんセンター
リン脂質及び糖脂質の吸着分離方法平成24年12月21日
特許第5156911号
複数種類の脂質などを含む試料から、リン脂質や糖脂質を分離することが出来るリン脂質及び糖脂質の吸着分離方法を提供。がんセンター
硫酸化糖脂質の分析方法及び装置平成25年4月12日
特許第5240965号
血清や尿などに微量存在する硫酸化糖脂質スルファチドを、骨格の主成分がシリカでありかつアルキル基を結合させた難イオン化塩の除去能力を有するチップを用いて迅速に解析する方法及び装置。がんセンター
悪性胸膜中皮腫の検出のための方法及びキット平成26年12月12日
特許第5659342号
悪性胸膜中皮腫と肺腺がんとの鑑別、悪性胸膜中皮腫由来の悪性胸水と良性胸水との鑑別が可能な検査方法。がんセンター
消化管間質腫瘍患者の予後予測のためのキット及び方法平成27年7月17日
特許第5776051号
消化管間質腫瘍(以下、GIST)は、食道・胃・小腸・大腸などの消化管の壁にできる腫瘍です。悪性GISTは予後の悪い腫瘍ですが、良性・悪性の早期鑑別診断法はいまだ確立されておりません。
本発明は、内視鏡等により採取した検体からDNAを抽出し、そのメチル化(DNA中の塩基の一種であるシトシンに-CH3というメチル基が付く現象)パターンの異常を調べることにより、GISTの良性・悪性を鑑別する方法を提供するものです。
がんセンター
癌細胞選択的膜透過性ペプチドおよびその利用平成28年4月8日
特許第5909611号
特定系統のがん細胞に高度の吸収性を示すペプチドを複数開発。本ペプチドに標識物質を結合させて検査・診断に、また薬を結合し、がん組織に効率的に薬物を送達する技術に応用できるもので、制がん医療において薬物を目的組織に集積させる技術。がんセンター
末梢循環腫瘍細胞分離用デバイス、希少細胞分離用デバイス、末梢循環腫瘍細胞分離方法及び希少細胞分離方法平成28年7月8日
特許第5961889号
血液中の末梢循環腫瘍細胞又は希少細胞を分離するための、特定の多孔性金属フィルターを備えた末梢循環腫瘍細胞又は希少細胞分離用デバイス。がんセンター
大腸癌細胞選択的膜透過性ペプチドおよびその利用平成29年6月9日
特許第6152550号
ヒト大腸がん細胞および大腸がん組織に対して高度にシフトした吸収性を発揮する新規の人工配列よりなるオリゴペプチドの提供。がんセンター
呼気分析システム、肺がんマーカー及び呼気分析方法平成29年8月4日
特許第6182796号
呼気を用いて、高い精度で肺がんの可能性を知ることが可能な呼気分析システムを提供。がんセンター
微粒子分離用マイクロ流路チップ、移流集積ユニット、微粒子分離用システム及び微粒子分離方法平成29年11月24日
特許第6244589号
粒径が異なる微粒子が混在している溶液から、抗体等を使用する必要が無く、また、目詰まりすることなく連続的に微粒子を分離することができる微粒子分離用マイクロ流路チップ、該チップを用いた微粒子分離用システム及び微粒子分離特に循環腫瘍細胞(CTC)を分離する方法を提供する。がんセンター
微粒子分離用マイクロ流路チップ、該チップを用いた微粒子分離用システム及び微粒子分離方法平成30年4月27日
特許第6326582号
粒径が異なる微粒子が混在している溶液から、抗体等を使用する必要が無く、また、目詰まりすることなく連続的に微粒子を分離することができる微粒子分離用マイクロ流路チップ、該チップを用いた微粒子分離用システム及び微粒子分離方法を提供する。がんセンター
細胞のスライドグラス標本作製方法平成31年1月18日
特許第6464340号
血液中のCTCを分離した後、転写、スライドグラス標本を作成し、CTCを光学顕微鏡を用いて細胞診として検出する技術。一般病院の検査室で血液中循環がん細胞(CTC)を簡便、低コストに検出する技術および方法を提供。がんセンター
患者位置補正方法令和元年11月1日
特許第6606643号
寝台上の患者位置を正確に補正することができる患者位置補正方法を提供する。がんセンター
巨大環状ウイルスゲノムDNAの単離方法平成28年2月1日
特開2017-135992
大きさ100キロベースを超えるような巨大環状ウイルスゲノムDNAを効率的に単離する方法を提供。がんセンター
LATS2変異疾患のための分子標的及びその利用令和元年10月21日
特願2019-191790

悪性中皮腫の原因遺伝子として、LATS2遺伝子の合成致死パートナー遺伝子としてSMG6を同定し、LATS2変異疾患の治療法的として利用するもの。

がんセンター

問合せ

愛知県知的所有権センター
電話 0561-76-8318
FAX  0561-76-8319
経済産業局 産業部 産業科学技術課(研究開発支援グループ)
電話 052-954-6370
FAX  052-954-6977