いいともあいち
文字サイズ

愛知のうなぎ

まぶすか。まぶさないか。それが問題だ。

愛知のうなぎ まぶすか。まぶさないか。それが問題だ。

全国でも有数! 愛知のうなぎ養殖

愛知県のうなぎ生産量は、3,140トンで、全国第2位(平成25年)を誇ります。
愛知県でうなぎの養殖がスタートしたのは、明治時代になってからで、昭和40年代頃からビニールハウスでの養殖技術が普及し、大きな発展を遂げてきました。
現在、県内最大の産地は西尾市一色町で、その他に豊橋市、高浜市、弥富市などで養殖されています。

平成25年 全国のうなぎ生産量
出典:農林水産統計
主な養殖生産地
うなぎ養殖経営体数:137経営体(H25)

愛知のうなぎ、ここがイチオシ!

"愛知のうなぎ"は、夏に出荷される養殖期間の短い「新仔(しんこ)」と呼ばれる若いうなぎが中心です。新仔うなぎは、身と皮が柔らかく小骨も目立たないので食べやすいのが特徴です。行き届いた管理と高い養殖技術のもとで育つ"愛知のうなぎ"を是非、ご賞味ください。

愛知のうなぎ 詳しくはこちら

ページトップへ