MENUCLOSE

文字サイズ
標準
拡大

障害システム研究部門

1 研究活動の概要・目的

障害のある方々の認知・運動制御に関する機能計測を通して、病態解明、個人レベルの病態把握、診断、療育、支援および治療に貢献することを目的として研究を行う高次脳機能研究室と、人文・社会科学の立場から、すべての人を社会の構成員として包み支え合う地域社会の実現を目指して、障害のある方々の発達、教育、療育、福祉の研究を行う教育・福祉研究室とから成ります。

2 研究内容紹介

1)感覚情報処理の研究
多くの発達障害で、特異な感覚受容が知られています。しかしどのような仕組みで感覚情報処理が健常者と発達障害で異なるのかは、ほとんどわかっていません。私たちは脳波や脳磁図という方法を使って情報処理に関わる脳の活動を記録し、そのメカニズムを解明したいと考えています。これまでに脳波を使って簡単に行える検査法を確立しました。このような検査を、病態解明や個人レベルでの評価に役立てるように研究を進めています。
2)身体運動機能の研究
重症心身障害のある方々は、日常生活動作(ADL)に必要な身体運動機能が障害されています。私たちはヒトが身体運動に伴って発信する様々なシグナルを抽出・分析することで、身体運動機能の状態を評価することを目的としており、主に筋電図・筋音図を手掛かりとした筋機能評価法やリハビリテーションの手法に関する研究を行ってきました。現在は、嚥下に注目し、その機能を評価する方法に関する研究を進めています。
3)インクルーシブ社会の実現に向けた研究
障害の有無に関わらず誰もが共通に持っている人権や基本的自由が必ずしも実現していない状況を改善するため、国連で「障害者の権利に関する条約」が採択されました。これを受けて我が国でも障害者差別解消法が成立し、様々な改革が行われています。一方で、長年にわたり存在してきた障害のある人に対する社会的障壁(バリア)は、まだ一般に意識されていなかったり、容易に取り除けなかったりすることもあります。障害のある人の自己実現や生涯発達の基盤となる社会づくりに貢献すべく、こういったバリアの存在を明らかにしたり、それらを解消する方法を研究したりしています。

3 メンバー紹介

部長 乾幸二(いぬい こうじ)
研究テーマ:脳波や脳磁図を用いた非侵襲的脳機能計測による感覚情報処理の研究を行ってきました。近年は、介在細胞が関与する抑制系回路の機能評価に取り組んでいます。
室長 木田哲夫(きだ てつお)
研究テーマ:発達障害を含む各種疾患の病態を検証するための新規ツールの開発を目的として、脳波・脳磁図等の非侵襲脳機能計測法を用いた認知機能の研究を行っています。特に注意・意識の脳内機構に着目しています。
主任研究員 伊東保志(いとう やすし)
研究テーマ:筋音図の発生機序および計測方法に関する研究,筋電図・筋音図を手掛かりとした筋疲労の解明・評価に関する研究,骨格筋モデルに関する研究を行ってきました。現在は、筋電図・筋音図を手掛かりとした嚥下機能評価法の確立に取り組んでいます。
主任研究員 長谷川桜子(はせがわ さくらこ)
研究テーマ:知的障害のある人たちのエイジング、生涯発達、地域医療へのアクセシビリティ向上
研究員 小林恵(こばやし めぐみ)
研究テーマ:顔は、円滑な社会的なコミュニケーションにとって重要な手がかりの一つです。これまで顔の知覚や認知が乳幼児期にどのように発達するのか、視線の動きや脳活動計測から検討を行ってきました。近年では、自閉スペクトラム症や注意欠如・多動性障害の顔認知研究にも取り組んでいます。
リサーチレジデント 清野 智子
(せいの ともこ)
研究テーマ:我が国における障害者による芸術活動をめぐる問題について、多角的に調査をしています。

4 活動内容

トピックス

2019年5月
学童期ADHD児における表情認知の神経基盤について、第19回米国視覚学会にて発表しました。
(Kobayashi, M. et al.: The neural mechanisms underlying impaired recognition of angry expression in ADHD children measured by near-infrared spectroscopy. Vision Sciences Society 19th Annual Meeting)
2019年3月
新たに障害システム研究部門としてスタートしました。

5 研究業績←クリックで表示

西村悟子,三浦清邦,長谷川桜子,松葉佐正,山本崇裕,夏目 淳,深尾敏幸岐阜大,豊田市こども発達センター ,くまもと芦北療育医療センター,名古屋大):医学部学生に対する重症心身障がい児(者)医療教育の課題と展望.日本小児科学会雑誌 122(12): 1855-1860, 2018.

Hirai M, Muramatsu Y, Nakamura M.Role of the Embodied Cognition Process in Perspective-Taking Ability During Childhood. Child Dev. 2018 Nov 8. [Epub ahead of print]

Sugiyama S, Takeuchi N, Inui K, Nishihara M, Shioiri T. Effect of acceleration of auditory inputs on the primary somatosensory cortex in humans. Sci Rep. 8:12883, 2018.

Suzuki M, Kumagai N, Inui K, Kakigi R. Effects of color lenses on visualevoked magnetic fields following bright light. PLoS One. 13:e0201804, 2018.

Tokuda, T., Ikeda, T., Monden, Y., Mizushima, S. G., Shimoizumi, H., Inoue, T., Nagashima, M., Shimamura, K., Arakawa, A., Kobayashi, M., Yamaguchi, M. K., Kuroiwa, C., Ujiie, Y., Dan, H., Kyutoku, Y., Taniguchi, T., Yamagata, T., Kanazawa, S., Sakuta, R., Dan, I. Methylphenidate-elicited distinct neuropharmacological activation patterns between medication-naive attention deficit hyperactivity disorder children with and without comorbid autism spectrum disorder: A functional near-infrared spectroscopy study. Neuropsychiatry. 8: 917-929, 2018.

Takeuchi N, Sugiyama S, Inui K, Kanemoto K, Nishihara M. Long-latency suppression of auditory and somatosensory change-related cortical responses. PLoS One. 13:e0199614, 2018.

Inui K, Takeuchi N, Sugiyama S, Motomura E, Nishihara M. GABAergic mechanisms involved in the prepulse inhibition of auditory evoked cortical responses in humans. PLoS One.13:e0190481, 2018.

Kobayashi, M., Macchi Cassia, V., Kanazawa, S., Yamaguchi, M. K., Kakigi, R. Perceptual narrowing towards adult faces is cross-cultural phenomenon in infancy: A behavioral and near-infrared spectroscopic study with Japanese infants. Developmental Science. 21:e12498, 2018.

Motomura E, Inui K, Nishihara M, Tanahashi M, Kakigi R, Okada M. Prepulse inhibition of the auditory off-response: A magnetoencephalographic study. Clinical EEG & Neuroscience. 49:152-158, 2018.

Nakagawa K, Koyama S, Inui K, Tanaka S, Kakigi R, Sadato N. Polarity-independent effects of transcranial direct current stimulation over the bilateral opercular somatosensory region: a magnetoencephalography study. Neuroreport. 28: 838-844, 2017.

Takeuchi N, Sugiyama S, Inui K, Kanemoto K, Nishihara M. New paradigm for auditory paired pulse suppression. PLoS One. 12:e0177747, 2017.

Kurahashi N, Miyake N, Mizuno S, Koshimizu E, Kurahashi H, Yamada K, NatsumeJ, Aoki Y, Nakamura M, Taniai H, Maki Y, Abe-Hatano C, Matsumoto N, Maruyama K.Characteristics of epilepsy in patients with Kabuki syndrome with KMT2D mutations. Brain Dev. pii: S0387-7604(17)30085-2, 2017.

Hirai M, Muramatsu Y, Mizuno S, Kurahashi N, Kurahashi H, Nakamura M. Preserved search asymmetry in the detection of fearful faces among neutral faces in individuals with Williams syndrome revealed by measurement of both manual responses and eye tracking. J Neurodev Disord.9: 8, 2017.

Inui K, Nakagawa K, Nishihara M, Motomura E, Kakigi R. Inhibition in the human auditory cortex.PLoS One.11: e0155972, 2016.

Motogi J, Sugiyama Y, Laakso I, Hirata A, Inui, K, Tamura M, Muragaki Y.Why intra-epidermal electrical stimulation achieves stimulation of small fibres selectively: A simulation study.Physics in Medicine and Biology.61: 4479-4490, 2016.

Tanahashi M, Motomura E, Inui K, Ohoyama K, Tanii H1, Konishi Y, Shiroyama T, Nishihara M, Kakigi R. Auditory change-related cerebral responses and personality traits. Neurosci Res.103: 34-39, 2016.

Hirai M, Muramatsu Y, Mizuno S, Kurahashi N, Kurahashi H, Nakamura M. Typical visual search performance and atypical gaze behaviors in response to faces in Williams syndrome. J Neurodev Disord.8: 38, 2016.

Hirai M, Muramatsu Y, Mizuno S, Kurahashi N, Kurahashi H, Nakamura M. Intact attentional orienting toward inverted faces revealed by both manual responses and eye-movement measurement in individuals with Williams syndrome. J Intellect Disabil Res. 60: 969-981, 2016.

SEINO 障害の社会モデル的立場から障害者問題を喚起する芸術の社会的効能障害学研究11:156-179, 2016.

Hirai M, Gunji A, Inoue Y, Kita Y, Hayashi T, Nishimaki K, Nakamura M, Kakigi R, Inagaki M. Differential electrophysiological responses to biological motion in children and adults with and without autism spectrum disorders. Research in Autism Spectrum Disorders. 12: 1623-1634, 2014.

Hirai, M, Muramatsu Y, Mizuno S, Kurahashi N, Kurahashi H, Nakamura M. Developmental changes in mental rotation ability and visual perspective-taking in children and adults with Williams Syndrome. Front Hum Neurosci. 7: 856, 2013.

Itoh Y, Akataki K, Mita K, Watakabe M, Nonaka H. Frequency response model of skeletal muscle and its association with contractile properties of skeletal muscle. J Electromyogr Kinesiol. 23: 572-579, 2013

Nonaka H, Akataki K, Mita K, Watakabe M, Itoh Y. Sex differences in mechanomyographic responses to voluntary isometric contractions. Med Sci Sports Exerc. 38: 1311-1316, 2006.

Itoh Y, Akataki K, Mita K, Watakabe M, Itoh K. Time-frequency analysis of mechanomyogram during sustained contractions with muscle fatigue. Systems and Computers in Japan. 35: 26-36, 2004.

Watakabe M, Mita K, Akataki K, Itoh Y. Mechanical behaviour of condenser microphone in mechanomyography. Med Biol Eng Comput. 39: 195-201, 2001.

Akataki K, Mita K, Itoh Y. Relationship between mechanomyogram and force during voluntary contractions reinvestigated using spectral decomposition. Eur J Appl Physiol. 80: 173-179, 1999.

Akataki K, Mita K, Itoh. Repeatability study of mechanomyography in submaximal isometric contractions using coefficient of variation and intraclass correlation coefficient. Electromyogr clin Neurophysiol. 39: 161-166, 1999.

Watakabe M, Itoh Y, Mita K, Akataki K: Technical aspects of mechanomyography recording with piezoelectric contact sensor. Med Biol Eng Comput. 36: 557-561, 1998.

Akataki K, Mita K, Itoh Y: Repeatability of mechanomyogram (MMG) from voluntary isometric contraction of biceps brachii muscles. Jpn J Phys Fitness Sports Med. 47: 489-498, 1998.