MENUCLOSE

文字サイズ
標準
拡大

イベント・その他

公開セミナー

日付
予定が決まり次第掲載します
テーマ
内容
過去の情報はこちら

研究所セミナー

日付
予定が決まり次第掲載します
テーマ
内容
PDF

サイエンス教室

日付
予定が決まり次第掲載します
内容
PDF

毎年研究所はサイエンス教室を開催しております。
部門ごとに体験コーナーを行っています。

共同セミナー

日付
2019年10月15日(火)午後4時から
テーマ
Pogz deficiency leads to abnormal behavior, transcription dysregulation and impaired cerebellar physiology
(POGZ遺伝子の不全マウスは行動異常、転写調節障害、小脳機能の障害を引き起こす)
内容
講師:Sagiv Shifman博士

The Hebrew University of Jerusalem, Israel

抄録Genes implicated in autism spectrum disorder (ASD) are enriched with chromatin regulators, but the mechanisms leading to the abnormal behavior and cognition are still unclear. Animal models are crucial for studying the effects of mutations on brain function and behavior. We generated conditional knockout mice with brain-specific mutation in Pogz, a heterochromatin regulator recurrently mutated in ASD and other neurodevelopmental disorders, and demonstrated that these mice display phenotypes that resemble the human condition. Pogz deficiency led to smaller brain, growth impairment, motor learning deficits, and increased social interactions that mimic the human overly friendly phenotype. At the molecular level, reporter assay indicated that POGZ functions as a negative regulator of transcription through its interaction with HP1 proteins. In accordance, we found a significant upregulation of gene expression, most notably in the cerebellum. Furthermore, Pogz deficiency was associated with a significant reduction in the firing frequency of simple and complex spikes in cerebellar Purkinje cells with no changes in their intrinsic properties. Overall, our findings support a mechanism linking heterochromatin dysregulation to cerebellar circuit dysfunction and to motor and social abnormalities in ASD.

過去のイベント

公開セミナー

年度
テーマ
抄録
平成30年度
神経伝達の異常と精神神経疾患
PDF
平成29年度
遺伝子疾患の治療展望
PDF
平成28年度
精神神経疾患とモデルマウス
PDF

県民講座(研究所主催分)

年度
テーマ
抄録
レポート
平成30年度
てんかんの仕組みと
コントロールへの取り組み
PDF
PDF
平成29年度
重症心身障害の今と未来
PDF
PDF
平成28年度
人を診てヒトを観る-自閉症スペクトラム障害 その臨床像・基礎研究・支援方法-
PDF
PDF

所内セミナー

年度
プログラム
平成29年度
PDF
平成28年度
PDF
平成27年度
PDF

過去のお知らせ

2019年3月1日
ホームページを開設しました
2019年2月2日
県民講座を開催しました
2018年12月21日
研究所公開セミナーを開催しました
2018年10月
クラッペ病のオリゴデンドロサイトでの発症メカニズムを明らかにし、Neurobiology of Disease誌に発表しました。掲載号の表紙を飾り、朝日新聞朝刊で新聞報道されました
2018年4月11日
軽度知的障害と自閉症が見られ、denovoの染色体相互転座を伴う症例の転座断点部位の解析を行い、その成果を本邦初のLamb-Shaffer症候群としてGene誌に発表しました