愛知県警察

top
menu

 

新たな高齢者講習制度・準中型運転免許等の概要

道路交通法の一部を改正する法律が平成29年3月12日施行されました。新たな制度の概要は次のとおりです。

1 新たな高齢者講習制度

  • 臨時の認知機能検査制度の導入
    75歳以上の方(運転免許を現に保有している方)が一定の違反行為をしたときは、その方に対し、臨時の認知機能検査を行います。
  • 臨時高齢者講習制度の導入
    臨時の認知機能検査を受けた方が、認知機能が低下するなど一定の基準に該当するときは、その方に対し、臨時の高齢者講習を行います。
  • 臨時適性検査の規定整備
    更新時の高齢者講習の前に認知機能検査を受けた方が、認知症のおそれがあることを示す一定の基準に該当したときは、臨時に適性検査を行い、又は医師の診断書の提出を命令することになります。

2 準中型運転免許の新設

自動車の種類に「準中型自動車」が追加され、運転免許の種類として、「準中型自動車免許」が追加されます。

準中型免許受験資格要件…18歳以上

menkyohyou.jpg

syubetu.jpg

3 自動車識別シールの配布

免許の種類により、運転することのできない車を運転して無免許運転として検挙される事案が散見されます。

そこで、県警察では自動車の種類が判別しやすいシールを車体に貼付(任意)して活用いただけるよう自動車識別シールを作成しました。

ご希望の方は、警察署交通課交通総務係にご連絡の上、窓口にお越しいただくようお願いします。sheel.png

※注意事項

  • 自動車識別シールはフロントガラス、運転席、助手席ガラスには貼付できません。
  • 自動車識別シールは数に限りがありますので、ご了承ください。

自動車識別シールの使用方法

mumenkyo99.jpg


4 啓発チラシ

「無免許運転に注意」(運転できる自動車の確認方法及び自動車識別シールの使用方法)の啓発チラシをダウンロードできます。(こちらをクリックしてください)(PDF:836KB)

「無免許運転に注意!」の啓発チラシをダウンロードできます。(こちらをクリックしてください。)(PDF:370KB)

mumenkyo2.jpgmumenkyo4.jpg


11001