ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > スマートシティモデル事業 > ~スマートシティモデル事業~ 日進市において「災害時を見据えたドローン物流とデジタル防災サービスの実証」の実証実験を実施します

本文

~スマートシティモデル事業~ 日進市において「災害時を見据えたドローン物流とデジタル防災サービスの実証」の実証実験を実施します

ページID:0489647 掲載日:2023年11月8日更新 印刷ページ表示
11 住み続けられるまちづくりを

 急速な高齢化や環境問題など様々な地域課題の解決を図るため、県内の市町村においては、スマートシティ※1の実現がこれからのまちづくりの重要なテーマとなっています。

 そこで、愛知県では、こうしたスマートシティの取組を広げていくため、県内市町村を対象に、ICT等の先端技術を持つ民間事業者等の方と連携することを条件※2として、スマートシティの取組のモデルとなる事業を公募し、刈谷市、日進市、幸田町(2023年5月23日発表済み。)、岡崎市、春日井市、蒲郡市、大府市(2023年8月7日発表済み。)の7市町を選定しました。

   この度、日進市において、ドローン飛行実証及び防災アプリを活用した避難所開設運営を行いますのでお知らせします。

※1 スマートシティとは

  ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)の高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創造し続ける、持続可能な都市や地域のこと。

※2 公募の条件

  提案市町村を代表者とし、民間事業者や研究機関等からなるコンソーシアムを組成する。コンソーシアムには代表者とは別の市町村も参加可能。

1 事業名  

 災害時を見据えたドローン物流とデジタル防災サービスの実証

2 実証内容・目的

 市民にデジタル防災サービスを提供し、サービス受容性を検証します。日進市避難所開設運営訓練の参加者に、LINEを利用したデジタル防災アプリ体験を提供し、平時における防災意識・知識の向上を図るとともに、より迅速な避難を促すための防災サービス機能の検証を行います。

 また、天白川の氾濫や大規模地震による橋梁の損壊等により、住民孤立が予見される住宅地において、日進ニュータウン自主防災訓練として、名古屋商科大学、日進市総合運動公園、北山ふれあい広場を経由した物流ドローンによる物資運搬の実証実験を行います。

 この実証により、災害時におけるドローンの飛行ルートの検討を進めるとともに、実際にドローンが宅地周辺を飛行する状況を経験してもらうことで、社会需要に必要な理解促進も進めていきます。

3 イベント日程

(1)避難所開設運営訓練におけるデジタル防災サービスの提供(ソフトバンク株式会社提供)

   日時:2023年11月26日(日曜日) 午前9時から午前11時頃まで

   場所:日進市立南小学校(愛知県日進市折戸町中屋敷70-3)

      日進市立赤池小学校(愛知県日進市赤池3丁目2101)

(2)日進ニュータウン自主防災訓練における物流ドローンの活用(ドローン:株式会社NEXT DELIV

    ERY(ネクストデリバリー)提供、運行管理システム:BOLDLY(ボードリー)株式会社提供)

   日時:2023年12月3日(日曜日) 午前9時から午後1時頃まで

   ※雨天等によりドローンの飛行ができない場合は、翌日12月4日(月曜日)に延期します。

   場所:北山ふれあい広場(愛知県日進市米野木町北山1-187)

   飛行ルート1:名古屋商科大学(愛知県日進市米野木町三ケ峯4-4)

          →北山ふれあい広場(愛知県日進市米野木町北1-187)

   飛行ルート2:日進市総合運動公園(愛知県日進市岩藤町大清水919-1)

          →北山ふれあい広場(愛知県日進市米野木町北山1-187)

   飛行ルート3:名古屋商科大学(愛知県日進市米野木町三ケ峯4-4)

          →日進市総合運動公園(愛知県日進市岩藤町大清水919-1)

   LINEを利用した防災アプリ(日進市) 

   (1)LINEを利用したデジタル防災アプリ

    (平時は防災マップ等の防災コンテンツの閲覧、災害時は災害情報配信、避難ルート表示等)                                    

   物流ドローン(日進市)

   (2)物流ドローン

    (​平時は物流、災害時は災害用物資の運搬に利用)

4 実証主体

コンソーシアム名:日進市スマートシティ推進協議会

コンソーシアム構成員:日進市、株式会社NEXT DELIVERY(ネクストデリバリー)、BOLDLY(ボードリー)株式会社、ソフトバンク株式会社、中部大学

本協議会構成員外の協力者:セイノーホールディングス株式会社

ドローン離陸場所提供協力:名古屋商科大学

5 実証に関する問合せ先

(1)スマートシティモデル事業について

愛知県 政策企画局 企画調整部 企画課 企画第三グループ

ダイヤルイン 052-954-6472

(2)避難所開設運営訓練におけるデジタル防災サービスの提供、日進ニュータウン自主防災訓練における物流ドローンの活用について

日進市役所 生活安全部 防災交通課 危機管理係

ダイヤルイン 0561-73-3279

日進市役所 生活安全部 移動政策室 モビリティマネジメント係

ダイヤルイン 0561-73-3249

(参考) スマートシティモデル事業について

1 事業内容

 スマートシティの取組のモデルとなるような事業を県が提案市町村に委託して実施し、成果報告会等の開催により、その成果を県全体に横展開する(2022年度より実施)。

2 実施主体

 市町村(代表者)と民間企業等とのコンソーシアム

3 選定方法

 公募により予算の範囲内で選定(外部有識者を含めた選定委員会を開催)

このページに関する問合せ先

愛知県政策企画局企画調整部企画課
企画第三グループ

担当:本夛・山田
ダイヤルイン:052-954-6472
メール:kikaku@pref.aichi.lg.jp


モデル事業の公募【2023年度追加分】(公募は終了しました)
モデル事業の実施状況【2023年度追加分】
モデル事業の実施状況【2023年度】
モデル事業の実施状況【2022年度追加分】
モデル事業の実施状況【2022年度】