ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河建設事務所 > 愛知県東三河建設事務所 豊川流域下水道のページ

愛知県東三河建設事務所 豊川流域下水道のページ

あいちの下水道のトップページへ

東三河建設事務所 下水道のページへ【都市施設整備課】

 

豊川流域下水道のあゆみのページへ

豊川浄化センターの紹介ページへ

 

豊川流域下水道は、豊川市を始め4市4町(豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、旧音羽町、旧一宮町、旧小坂井町、旧御津町)を対象とした流域下水道として、昭和47年9月に都市計画決定されました。

同年に事業着手し、昭和55年12月に県下で初めての流域下水道として供用開始し、その後管渠の延長と処理区域の拡大に努め、平成5年には全市町の供用を開始しました。

その後も年々流入量が増加しているため、水処理施設の増設を行っています。

 (平成18年2月に一宮町が、平成20年1月に音羽町及び御津町が、平成22年2月に小坂井町が豊川市と合併したため、現在は4市を対象としています。)

 

浄化センター全景・管理本館

                豊川浄化センター全景                            豊川浄化センター管理本館

 

位置図

                              豊川流域下水道の計画区域と施設の位置

 

豊川浄化センターの紹介ページへ

 -豊川流域下水道の計画概要のページへ

 -豊川流域下水道と佐奈川水辺環境のページへ

 -豊川流域下水道と音羽川水辺環境のページへ

 -豊川流域下水道と白川水辺環境のページへ

 -豊川流域下水道と江川水辺環境のページへ

 

(公財)愛知水と緑の公社 豊川浄化センターの紹介ページへ

 

東三河建設事務所のトップページへ