愛知県国家戦略特別区域

愛知県国家戦略特別区域

我が国随一の成長産業・先端技術の中枢拠点の形成に向けて

  1. TOP
  2. 国家戦略特区とは

国家戦略特区とは

国家戦略特区は、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成を促進する観点から規制改革を総合的かつ集中的に推進する取組であり、いわゆる「岩盤規制」の突破口となることが目指されています。愛知県は、教育や農業分野での岩盤規制改革を断行する「産業の担い手育成のための教育・雇用・農業等の総合改革拠点」として、2015年8月、国家戦略特別区域に指定されました。

国家戦略特区詳細(内閣府地方創生推進事務局HP)外部サイト

愛知県の目標

自動車・航空宇宙等の国内最大のモノづくりの集積地として、教育・雇用分野における規制改革を通じた産業人材の育成や次世代技術の実証を通じ、成長産業・先端技術の中枢拠点を形成する。
併せて、農業分野においても農地の流動化、耕作放棄地の解消等を図ることにより、第一次産業も含めた総合的な規制・制度改革を実現する。

区域方針(pdf:157KB)PDF

これまでの経緯

2015年8月 政令により、愛知県を国家戦略特別区域に指定
愛知県を対象とする「国家戦略特別区域及び区域方針」が内閣総理大臣決定
2015年9月 第1回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
公社管理道路運営事業の特例(有料道路コンセッション)を始め6つの特例措置を盛り込んだ区域計画を作成
2015年11月 第2回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
公立学校運営の民間開放に係る学校教育法等の特例(愛知総合工科高等学校専攻科の公設民営化)を始め、3つの特例措置を区域計画に追加
2016年3月 第3回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
特定実験試験局制度に関する特例等を区域計画に追加
2017年1月 第4回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
創業人材の受入れに係る出入国管理及び難民認定法の特例を始め2つの特例措置等を区域計画に追加・変更
2017年5月 第5回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
国家戦略特区に指定された10区域に対して評価を実施
 2017年9月 第6回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
自動走行実証ワンストップセンターの設置を始め2つの特例措置等を区域計画に追加・変更
 2018年3月 第7回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
外国人農業支援人材の受入れに係る出入国管理及び難民認定法の特例を始め2つの特例措置等を区域計画に追加
 2018年5月 第8回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
テレビ電話を活用した薬剤師による服薬指導の対面原則の特例を区域計画に追加
 2018年12月 第9回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
道路運送法の特例(過疎地等での自家用自動車の活用拡大)を区域計画に追加
 2019年5月 第10回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
保安林の指定の解除手続期間の短縮を区域計画に追加
 2020年2月 第11回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
愛知県行政支援窓口の設置を始め2つの援助措置を区域計画に追加
 2020年5月 第12回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
国家戦略特区に指定された10区域に対して評価を実施
 2020年9月 第13回 愛知県国家戦略特別区域会議 開催
日本語教育機関卒業後の就職活動期間の延長を区域計画に追加

愛知県国家戦略特別区域会議(内閣府地方創生推進事務局HP)外部サイト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

トップへ