ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告35号の目次へ戻る

トマト根腐萎ちょう病菌拮抗微生物AP-1の作用機作

福田至朗・松崎聖史・小木曽正敏
摘要:Pseudomonas putida AP-1株(以下、AP-1)はトマトの重要な土壌病原菌トマト根腐萎ちょう病菌を抑制する微生物である。本研究ではAP-1がどのように病原菌を抑制するかを検討した。その結果、AP-1はトマトに対し全身抵抗性を誘導せず、抗菌物質を産生しなかった。さらに、トマト根腐萎ちょう病菌と培地上で栄養競合すること、AP-1のトマト根面への定着能が高いことなどから、AP-1の作用機作は栄養や生育場所の競合によるものと推定した。

キーワード:Pseudomonas putida、AP-1、トマト根腐萎凋病菌、作用機作
全文ダウンロード PDFファイル
83kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る