ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告35号の目次へ戻る

パルス発信式流量計を組み込んだ流量制御点滴灌水施肥装置の開発

河合 仁・菅沼健二
摘要:施設栽培における点滴灌水施肥に用いる、低コストで精度の高い点滴灌水施肥装置を作製し、その精度とトマト−メロン栽培での実用性を検討した。装置は、パルス発信式流量計、電子カウンタ、2系統24時間タイマー等を使用した流量制御方式であり灌水の精度は、7日間で変動係数が0.17%と極めて正確であった。トマト−メロン栽培では、慣行のタイマー灌水に比べ収量品質の向上がみられ、タイマー制御方式の点滴灌水装置に比べ操作が簡易であった。また、農家のアンケート調査では、装置がコンパクトであるため設置面積を取らず、操作が簡単であるとともに安価であることが高く評価された。

キーワード:点滴灌水施肥栽培、流量制御、灌水量
全文ダウンロード PDFファイル
95kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る