ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告35号の目次へ戻る

ナスの栽培作業を不快にする特性と
わが国の品種へのとげなし性の導入

堀田行敏・菅原眞治・矢部和則

園芸学研究 2(1):1-4.2003
摘要:ナス栽培従事者に対するアンケート調査から,ナスの栽培作業を不快にする特性は,とげ,毛じおよび紫色の色素であることがわかった.その中でも特に,とげは作業の際の痛みの原因となるとともに,果実を傷つけるため,最も改善すべき特性であった.
 オランダのとげなし性品種‘Freia’と‘千両2号’および‘美男’の交雑後代から,わが国の品種としての実用形質をもつとげなし性の系統を育成できた.また,‘Freia’由来のとげなし性はわが国のナス品種の実用性を損なう劣悪な形質と密接な関連はないと考えられた.両親にとげなし性を導入することによって,とげなし性のF1品種の育成が可能であることが示唆された.

キーワード:暗黒紫色へた,不快,ナス,作業,とげなし
PDFファイル未掲載


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る