ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告35号の目次へ戻る

煮沸法によるキクスタントウイロイド(CSVd)RNAの抽出

大石一史・奥村義秀・森岡公一

園芸学研究 2(1):51-54.(2003)
摘要:CSVdの感染の有無をドットブロットハイブリダイゼーションで診断するため,RNAの抽出法を改良した.
1.キク葉を等量のCTABバッファーで磨砕し,上清を煮沸して遠心分離し,上清に酢酸ナトリウムとイソプロパノールを加え,2Mの塩化リチウムに上層,遠心する方法でCSVd-RNAを抽出した.この煮沸法は,フェノールなどの劇物を必要としない安全な抽出法である.
2.ノーザン分析では,煮沸法で抽出されたCSVd-RNAの一部は分解されて低分子化したが,一部は分解されずに残存していた.この結果は,煮沸法で抽出されたCSVd-RNAを用いたRT-PCRで期待されるサイズのDNAが得られたことからも確かめられた.
3.CSVdを保毒したキク葉をCTABバッファーで磨砕し,煮沸法およびフェノール抽出で精製したRNAをドットブロットハイブリダイゼーションで検出したところ,煮沸法はフェノール抽出よりかなり強いシグナルが得られ,CSVdの検出感度が高いことが分かった.

キーワード:キクスタントウイロイド、キク、煮沸、ドットブロットハイブリダイゼイション
PDFファイル未掲載


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る