ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告36号の目次へ戻る

アオジソの不定芽誘導と生育促進

眞子伸生・加藤泰之
摘要:アオジソの不定芽形成には、外植体として胚軸、植物ホルモンとしてナフタレン酢酸(NAA)とベンジルアデニン(BA)またはチジアズロン(TDZ)の組み合わせが適していた。不定芽形成率は、NAA0.2mg・L-1+BA1.0mg・L-1、NAA0.5mg・L-1+TDZ0.5mg・L-1添加MS培地で最高となった。照明は、2,400luxの強い光が適しており、不定芽形成率が高く、1切片あたりの不定芽数も多く、大きさも大きかった。光源の種類は、桃色及び紫色蛍光灯に比べ白色蛍光灯で不定芽形成率が高かった。分化後の不定芽の生育には、NAA0.1〜0.2mg・L-1とBA0.1〜0.5mg・L-1を添加したMS培地が適した。

キーワード:アオジソ、不定芽、外植片、培地、照明
全文ダウンロード PDFファイル
91kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る