ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告37号の目次へ戻る

家畜ふん堆肥を原料としたペレット肥料の成分調整に用いる窒素肥料
の種類及び施肥方法がキャベツの生育及び収量に及ぼす影響

清水知子・社本豊司・恒川 歩・恒川靖弘・矢部和則
摘要:家畜ふん堆肥を原料とし、窒素肥料を混合して窒素成分を調整したペレット肥料について、添加する窒素肥料の種類とうね内局所施肥方法がキャベツの生育、収量に及ぼす影響を検討した。
1 CDU混合有機ペレットは、培養窒素発現量を考慮してうね内局所施肥法で施用したところ、11月穫りキャベツでは化成肥料と同等の収量が得られた。しかし、12月穫りキャベツでは肥効が遅く、収量が劣った。
2 CDUより肥効の速い尿素を用いて初期の肥効を高めた尿素混合有機ペレットを用いたところ、12月穫りキャベツのうね内局所施肥法では、化成肥料以上の収量が得られた。

キーワード:キャベツ、家畜ふん堆肥、ペレット、局所施肥
全文ダウンロード PDFファイル
48kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る