ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告38号の目次へ戻る

時季および花(花蕾)の処理が単為結果性トマト品種
‘ルネッサンス’の着果および果実特性に及ぼす影響

大川浩司・菅原眞治・矢部和則

園芸学研究 5(2):111-115(2006) 
摘要:愛知県の主要作型の開花時期に当たる春季、初夏季、秋季および冬季において、花(花蕾)の処理が単為結果性トマト品種‘ルネッサンス’の着果および果実特性に及ぼす影響について検討した。‘ルネッサンス’は、春、初夏、秋および冬のいずれの時季においても、着果率は非常に高く、また発育不良果の発生もみられず、単為結果性の発現は強く安定していた。また、‘ルネッサンス’では、種子の形成や4CPA液(濃度15 mg/L)の処理が果実肥大性および開花から収穫までの日数に及ぼす影響はみられなかった。各時季における優れた着果性と安定した果実肥大性から、‘ルネッサンス’は非単為結果性トマトと比較して生産性の高い栽培が可能であると考えられた。

キーワード:発育不良果、生産性、着果率
PDFファイル未掲載


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る