ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告39号の目次へ戻る

マルハナバチ逃亡防止のためのネット展張技術
ネットの種類とハチが通り抜けできない間隙幅

小出哲哉・山田佳廣・矢部和則・山下文秋

関西病虫研報(49):9-12(2007)
摘要:マルハナバチ用逃亡防止ネットは、4×4mm以下の目合いで目ずれしないネットを選ぶべきである。そして、ネットによってはきつく張る必要がある。施設内の接合部の隙間は幅3.0mm以下に抑えるべきである。

キーワード:セイヨウオオマルハナバチ、特定外来生物
PDFファイル未掲載


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る