ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告40号の目次へ戻る

有機配合肥料による基肥施用量がイチゴ「ゆめのか」の
収量及び果実品質に及ぼす影響

武井真理・齋藤弥生子・樋江井清隆・山下文秋
摘要:愛知県農業総合試験場で育成したイチゴ品種「ゆめのか」について、有機配合肥料による基肥施用量の違いが収量及び果実品質に及ぼす影響を調べた。試験は、短日夜冷処理育苗、9月3日定植の促成作型で行った。基肥施用量は、窒素成分 で10a当たり20kgの慣行区、同じく30kgの多肥区及び10kgの少肥区を設けた。
 1.頂果房及び第1次腋果房の開花は基肥施用量が多いと早まる傾向にあった。
 2.頂果房の収穫始めは、基肥施用量が多いほど早かった。第1次腋果房は、多肥区が最も遅くなった。
 3.多肥区では、慣行区に比べ1-2月収量が低下したものの、年内収量が約18%増加し、総収量も約13%増となった。
 4.少肥区では慣行区に比べ、年内収量が約14%減、総収量は約6%減となった。
 5.果実品質は、施肥量の影響が小さかった。
 以上の結果から、「ゆめのか」の生育や収量は、基肥施用量の増減による影響を受け、窒素施用量30kg/10aまでの増肥により早期収量の増加と増収効果が得られることが明らかとなった。

キーワード:イチゴ、ゆめのか、基肥施用量、生育収量
全文ダウンロード PDFファイル
65kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る