ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告41号の目次へ戻る

めんの食感、色、生地物性に優れる小麦新品種「東海103号」の育成

藤井 潔・辻 孝子・吉田朋史・井澤敏彦・船附稚子・池田達哉
摘要:愛知県農業総合試験場では農林水産省小麦育種指定試験地として、生地物性の改良及び低灰分化によるめんの食感及び色相の向上並びに早生・多収・良質を育種目標に、2001年5月に生地物性の強い「きぬの波」と早生・多収の「西海184号」を交配した後代から、DNAマーカー選抜(MAS)を組み合わせた派生系統育種法により新品種「東海103号」を育成した。「東海103号」は、MASを利用して生地物性を強める4種のグルテニン遺伝子(Glu-A1bGlu-B1bGlu-A3dGlu-B3g)を集積した最初の小麦品種である。本品種は生地物性が適度に強く、やや低アミロース含量タイプでめんの食感に優れ、灰分が低く、めん色が明るく黄色味を帯び日本めん用に適する。子実蛋白質含量はやや低い。栽培特性としては早生、多収、良質で耐湿性にやや優れる。2009年9月に種苗法に基づく品種登録出願を行った。愛知県等の東海地域で奨励品種候補として有望視されている。

キーワード:コムギ、生地物性、日本めん、食感、グルテニン、DNAマーカー選抜
全文ダウンロード PDFファイル
84kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る