ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1米は洗って30分ほど水に浸してザルに上げておく。
  2. 2フライパンでへぼをから炒りし、Aを加えて煮立たせる。
  3. 3炊飯器に1入れて、Bを加えて内釜の目盛に合わせて水を入れて炊き上げる。
  4. 4炊き上がったら、2を加えて混ぜ合わせる。
料理のポイント
  • ふくれている幼虫をつぶさないために、油を使わずから炒りする。
料理の履歴書
  • へぼ(地蜂の幼虫)の代表格は、クロスズメバチの幼虫である。
  • へぼを食べる習慣は、愛知・岐阜・長野・群馬県などに今も残っている。
  • 愛知県では奥三河地域が中心で、「へぼ飯」や「へぼ五平もち」が道の駅などで売られる。
私の思い出

昔、へぼは貴重なタンパク源でした。へぼ捕りは、大人の男の楽しみでもあります。私の祖父もよく山で捕ってきて食べていました。(70代・女性)

ぺージ上部へ戻る