ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1もち菜は4cmの長さに切り、とりもも肉は小さく切る。
  2. 2鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら、もちと1のとりもも肉を入れる。
  3. 3もちが柔らかくなったら、もち菜を入れ、火が通ったらしょうゆを加えて器に盛り、好みでかつお節を添える。
料理のポイント
  • もち菜が手に入らないときはこまつ菜でもよい。
  • 具はもち菜だけの家庭もある。
  • かまぼこ、しいたけなどを入れる地域もある。
料理の履歴書
  • 『あいちの伝統野菜』に選定されている「もち菜」は、愛知県の雑煮には欠かせない具である。
  • 愛知県ではもち米そのものがおいしいため、ほかの具を入れる必要がなかった。
  • 沿岸部には、秋に釣ったはぜを少しあぶって干した「焼きはぜ」を雑煮のだしにする地域がある。
私の思い出

お正月に親戚や近所の人が集まって庭で餅つきをしました。つきたてのもちを雑煮に入れるので、一層おいしく感じました(60代・男性)

嫁ぎ先でだしを使わない、たまりとかつお節だけのお雑煮に出会い、素材のおいしさに驚きました。(50代・女性)

ぺージ上部へ戻る