ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1れんこんは皮をむいて1.5cmくらいの厚さの輪切りにする。
  2. 2鍋に1を入れ、Aを加えて弱火で5分ほど煮る。
  3. 3さらにしょうゆを加えて15分ほど煮て火を止め、そのまま冷まして煮含ませる。
料理のポイント
  • 一度冷ますと味のしみ込みがよくなる。
  • おせち料理にもおすすめ。
  • だし汁を使わず、かつお節と一緒に煮る手軽な「おかか煮」もある。
料理の履歴書
  • れんこん栽培の歴史は、江戸時代に、現在の愛西市にある寺の住職が門前の田へ植え付けたのが始まりとされている。
  • 栽培当初のれんこんは「備中」という、もっちりした歯応えで煮物にぴったりの品種であった。現在は、シャキシャキ感の強い「ロータスホワイト」、もっちり感の強い「金澄(かなすみ)」も栽培されている。
私の思い出

昔採れたれんこんは、ふしが長くて、噛むとモチモチ感があり、糸を引きました。皮できんぴらも作りました。(60代・女性)

昔、冬になると母がれんこんの煮物を作ってくれました。甘辛い味がおいしかったことを思い出します。(40代・男性)

ぺージ上部へ戻る