ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1いわしは、手開きにし、骨を外し、ぶつ切りにする。
  2. 2フードプロセッサーにかけ、つみれ状にする。
  3. 3にんじんと昆布を千切りにし、軽くゆでる。
  4. 42と3をボウルに入れ、かたくり粉、塩、酒、みりんを加えてよく混ぜ込む。
  5. 5丸くはんぺん型にし、蒸し器で蒸し上げる。
料理のポイント
  • かたくり粉の量は、いわしの水分により調整する。
  • できあがったすり身はゆでてもよく、油で揚げれば薩摩揚げになる。
  • 水分が多い時は、パン粉を加えるとよい。
料理の履歴書
  • 愛知県のいわしはんぺんには具が入っており、彩りがきれいなのが特徴である。
  • 江戸時代から盛んになった地引き網漁で大量にいわしが獲れるようになったために「はんぺん」が作られるようになった。
私の思い出

子どもの頃、朝ご飯のおかずによく食べました。いわしはんぺんにしょうゆを“ちょん”とつけて食べるとご飯がよく進みました。(40代・男性)

ぺージ上部へ戻る