ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1とり肉は食べやすい大きさに切る。
  2. 2焼き豆腐は8等分に切り、ねぎは斜め切りに、しゅんぎくは4cmの長さに切る。
  3. 3すき鍋を火にかけて熱し、ももの脂身とねぎを入れて焼き、Aを加えて調味し、煮えたものからいただく。
  4. 4順にほかの肉と材料を加えてさらにAで調味し、好みで溶き卵をつけながらいただく。
料理のポイント
  • 煮汁が煮詰まってたら湯やだしを加える。
  • 具は、しいたけや糸こんにゃく、にんじんなども合う。
  • 名古屋では赤みそ仕立ての鍋も人気である。
料理の履歴書
  • 愛知県をはじめ近畿あたりまでは、とり肉は「かしわ」の呼び名が一般的である。「かしわ」は、古くは「黄鶏」と書き、烏骨鶏の上に位置する名鶏であり、のちの名古屋コーチンに引き継がれた。
  • メスの鶏の腹から取り出した玉みち(未成熟卵)も好まれる具の一つである。
私の思い出

家族みんなで鍋を囲み、競うようにしてとり肉を自分の器に取りました。お客さまがみえたときのおもてなし料理でした。(60代・女性)

ぺージ上部へ戻る