ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

料理してみよう!
  1. 1さつまいもは厚めに皮をむいて1cmくらいの角切りにして、水にさらしてアクを抜き、水気を取って砂糖をまぶす。
  2. 2薄力粉と米粉(上新粉)を一緒にふるいにかけておく。
  3. 31に水と2を入れ粉気がなくなるまで混ぜ、4等分に分ける。
  4. 410cmくらいに切ったクッキングシートの上に3をのせる。
  5. 5蒸し器にぬれ布巾をしき、4をのせて15分蒸す。
料理のポイント
  • さつまいもは、厚めに皮をむき、水にさらしてアクを抜いてから使う。
  • さつまいもは皮をむかなくてもよい。
  • さつまいもと砂糖を混ぜ、しばらくおくと、いもの水分が出てくる、その水分も捨てずに使う。
料理の履歴書
  • 名古屋市の熱田あたりでは、鬼まんじゅうのことを「芋ういろ」と呼ぶ。
  • 以前は各家庭で手作りされており「芋まんじゅう」「芋まん」とも呼ばれたが「鬼まんじゅう」の名で店に出回り、その名が定着したと思われる。現在では手軽に買える人気の菓子となっている。
私の思い出

魚屋の女将が炊飯器いっぱいに作る大きな鬼まんじゅうを友だちとよく食べに行きました。大きいのでケーキのように切り分けて食べたものです。(50代・男性)

ぺージ上部へ戻る