ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

6次産業化

新着情報

6次産業化とは

 6次産業化とは、農林漁業者が主体となって農山漁村に存在する地域資源を有効に活用し、1次産業としての農林漁業と、2次産業としての製造業、3次産業としての小売業等の事業との総合的かつ一体的な推進を図り、新たな付加価値を生み出す取組(1次×2次×3次=6次産業化)です。これにより、農林漁業者の所得向上や経営の安定化、さらには地域の活性化に繋がっていきます。
*6次産業化の実践においては、農林水産物を「加工原料」として捉えることも必要です。このため、6次産業化に取り組む際は、その生産物が2次・3次産業の観点からどのように評価されるかを意識する必要があります(6次産業化の視点を持つ必要があります)。こうした6次産業化の視点を持つことは、マーケットインに根ざした農林漁業に取り組むうえで重要なものとなります。
6次産業化の概要

総合化事業計画について

 国は、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」(六次産業化・地産地消法)に基づき、「農林漁業者等が、農林水産物及び副産物(バイオマス等)の生産及びその加工又は販売を一体的に行う事業活動に関する計画」(総合化事業計画)の認定を行うとともに、認定した事業計画に対して各種の支援策が講じられています。
 本県は、「愛知県6次産業化サポートセンター」を設置し、必要に応じてサポートセンターや国等の関係機関と連携し農林漁業者等の総合化事業計画の法認定に向けた支援や目標達成に向けたフォローアップを行います。
 詳細は、以下のリンクをご参照ください。

愛知県6次産業化推進戦略について

 本県の6次産業化を戦略的に推進する指針として、「愛知県6次産業化推進戦略」を2021年3月に策定しました。
 詳細は、以下のリンクをご参照ください。

6次産業化に関する支援について

 本県は農林漁業者等に向けて、6次産業化への取り組み段階に応じた支援として人材育成研修会や6次産業化サポート事業等を行っております。
 また、国の食料産業・6次産業化交付金を活用した補助事業による支援を行っております。
 詳細は、以下のリンクをご参照ください。

6次産業化の取組事例について

 本県では、さまざまな形態により6次産業化の取組が展開されています。
 詳細は、以下のリンクをご参照ください。

関連リンク