ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告35号の目次へ戻る

稲発酵粗飼料の給与実証事例における乳生産への影響と飼料価値

柳澤淳二
摘要:酪農団地における稲発酵粗飼料の給与実証事例において、酪農家自身による稲発酵飼料の評価と牛群検定成績からみた乳生産への影響調査によって、稲発酵粗飼料の飼料価値を明らかにし、飼料イネ栽培を地域農業に定着させるための条件を検討した。
1 フレール型専用収穫機で調製された稲発酵粗飼料は、ほとんどが廃棄ロスのない良質な粗飼料で、翌年以降も継続的に給与したい意向が示された。
2 酪農団地内のほとんどの酪農家が、稲発酵粗飼料は搾乳牛向けに適した良質な粗飼料と認めた。給与量及び購入乾草の価格との比較から、具体的には稲発酵粗飼料の評価額は1 kg当たり10〜13円とされた。
3 稲発酵粗飼料を2か月間継続給与した結果、牛群検定成績で測定された個体別の乳脂率が増加する頭数が増える傾向にあった。
4 稲発酵粗飼料の栄養価を購入乾草のそれと比較した結果、稲発酵粗飼料の価格は原物1 kg当たり20円が妥当と思われた

キーワード:稲発酵粗飼料、飼料イネ、乳生産、飼料価値、フレール型専用収穫機
全文ダウンロード PDFファイル
76kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る