ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告36号の目次へ戻る

愛知早生ブキ在来系統の収穫葉における水分減少率
押しつけ強度、乾物率及びポリフェノール含量

矢部和則
摘要:愛知早生ブキの日持ち性系統を育成する素材を得るため、愛知早生ブキ在来系統を収集栽培し、それらの収穫適期葉における水分減少率、押しつけ強度、乾物率及びポリフェノール含量を優良無病苗系統を対照として比較調査した。
1 収穫葉の水分減少率は、知多1は抑制栽培、促成栽培とも在来系統の中では低く推移した。
2 葉柄の押しつけ強度は、在来2系統が対照系統と同程度を示し、他の系統は対照系統より低かった。
3 葉柄の乾物率は、在来3系統が対照系統と同等で、その他は対照系統より低かった。
4 葉柄中のポリフェノール含量は、1系統が対照系統より明らかに多く、他の系統は対照より少なかった。
 以上より、在来系統には水分減少率やポリフェノール含量等の特性に差のあることが知られ、日持ち性系統の育成素材として利用できる可能性がある。

キーワード:フキ 愛知早生 在来系統 水分減少率 ポリフェノール含量
全文ダウンロード PDFファイル
61kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る