ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告36号の目次へ戻る

TMRの物理性と乳牛の選り食い及び乳生産

佐藤 精・浅田尚登・石井憲一
摘要:TMRの飼槽における選り食いの影響を調査した。条件を変えたTMRを搾乳牛に自由採食させ、選り食いの程度をペンシルバニア大学粗飼料粒度分離器(以下、PSPS)を用いて評価した。
 グラスサイレージを用いたTMRの粒度分布は、選り食いにより、荒い粒度の割合が増加し、細かい粒度のものは減少した。しかし、コーンサイレージを用いたTMRでは粒度分布は変化しなかった。30%、45%、60%に水分含量を調整したTMRは選り食いによる影響を受けなかった。PSPSを使用する際、含水量45%までは適切に分離できたが、60%含水TMRでは濡れたままでは分離されない可能性が示唆された。乾草の理論切断長を2cm、10cmに変えたTMRを給与したところ、10cmに切断した乾草を用いたTMRにおいて残飼回収時に荒い粒度の割合が増加した。 TMRミキサーによる攪拌時間が15分、90分のTMRを給与したところ、第一胃内容液中の総揮発性脂肪酸濃度は90分攪拌したTMRを給与した牛で高かったが、飼料摂取量及び乳生産に有意な差は見られなかった。
 これらのことからTMR中の粗飼料の切断長を適正にすることにより乳牛による選り食いはさけられるものと思われた。また、本研究では選り食いが起こる場合においても日量30kg以下の乳量水準の牛群で繊維源が十分である場合は影響は少ないものと考えられた。

キーワード:乳牛、TMR、粒度分布、乳生産、第一内容液性状
全文ダウンロード PDFファイル
104kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る