ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告37号の目次へ戻る

タモロコを指標とした農業用用排水路の
魚類生息環境ポテンシャル評価法の提示

田中雄一・加藤宏明・宮本 晃
摘要:地域の生物多様性や生態系の保全を図ることは、良好な環境を維持・形成する上で重要であり、農業水利施設においても生態系の保全対策が求められている。そこで、農業用用排水路の自然再生の実行プロセスに必要な魚類生息環境の評価法を提示した。本評価法は、増本ら(2004)の手法を簡略化し、タモロコを指標として魚類の存在可能性(ポテンシャル)をハビタットと生態系ネットワークの観点から評価するものである。長久手町上郷地区における魚類調査及び環境条件測定の結果を本評価法に適用すると、実態と適合することが判明した。

キーワード:農業用用排水路、タモロコ、ハビタット、生態系ネットワーク、ポテンシャル評価
全文ダウンロード PDFファイル
111kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る