ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告37号の目次へ戻る

スプレーカーネーションの花持ち性及びエチレン感受性の簡易検定

二村幹雄・犬伏加恵・酒井広蔵

園芸学研究 4(2): 135-140 (2005)
摘要:スプレータイプカーネーションの花持ち性及びエチレン感受性の簡便な検定法を検討した。花持ちは温度と負の相関があり、花持ち性の品種間差は温度に関係なく認められた。1茎多花のスプレーカーネーションでは、品種によっては花蕾着生位置の違いによる花持ち差が認められた。しかしそれは花蕾着生位置での開花ステージの違いに起因するもので、開花ステージを同一にして花持ち調査を行えば、花持ち日数の偏差は小さく、その品種本来の花持ち性の評価が可能であった。エセホン溶液への花弁浸漬処理は、外生エチレン感受性を検定する際に、簡易で、かつ同時大量処理ができるため有効であった。さらに、新しい検定方法によりスプレーカーネーション主要47品種の花持ち日数及び外生エチレン感受性を明らかにした。

キーワード:エセホン、エチレン感受性、花持ち性、スプレーカーネーション
PDFファイル未掲載


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る