ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告40号の目次へ戻る

環境との調和に配慮した水路の
住民参加による維持管理マニュアルの作成

鬼頭 功・宮本 晃・合崎英男・池田和弘・大友芳成・加藤 敬・鎌田直人 ・
樽屋啓之・森尾昭文・八木洋憲・安中誠司・山本徳司・渡辺俊朗
摘要: 環境との調和に配慮して整備された農業用水路の地域住民による維持管理を推進するため、農林水産試験研究高度化事業「自然再生のための住民参加型生物保全水利施設維持管理システムの開発」で得られた手法や技術を構成素材としたマニュアルを作成した。このマニュアルの特徴は、次のとおりである。
 1.基本的なコンセプトは、住民参加を推進する使用者が、手法や技術の活用場面や活用方法を容易に判断できることとした。
 2.構成は、住民参加の進め方を4段階26場面に整理し、それぞれの場面で利用する手法や技術の詳細なデータをツールとして配置した。
 3.ツールは、使用者や地域住民の理解と関心を高めるために、写真や図解を多用した。
 4.場面ごとに使用するツールは、情報機器で効率よく検索でき、現場において参加住民に画像提示できるようDVD化した。 このマニュアルは、環境に配慮した農業用水路の地域住民による維持管理に寄与し、今後期待される環境保全や生物多様性に配慮した農業を地域全体で進める上で、有効に活用できると考えられる。

キーワード:住民参加、環境との調和に配慮した水路施設、維持管理、マニュアル
全文ダウンロード PDFファイル
296kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る