ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告40号の目次へ戻る

愛知県におけるナバナ(Brassica napus L.)在来種の
抽台・開花及び側枝発生特性

大川浩司・小島安治
摘要:愛知県で栽培されているナバナ(Brassica napus L.)在来種の長期安定生産体系を確立するため、その抽台・開花及び側枝発生特性について主要市販品種と比較した。また、播種期がナバナ在来種の側枝発生に及ぼす影響について検討した。
 1.「在来種・江南系」は、抽台・開花が「三陸つぼみ菜」よりも遅く、「宮内菜」よりも早い中生の系統であった。総収量は「三陸つぼみ菜」と同等であったが、1株当たりの側枝収穫本数は「三陸つぼみ菜」よりも少なく、側枝1本当たりの重量は「三陸つぼみ菜」よりも重い傾向であった。「在来種・海部系」は、抽台・開花が「三陸つぼみ菜」と同等の早生の系統であった。総収量及び月別収量は「三陸つぼみ菜」と同等であ ったが、1株当たりの側枝収穫本数は「三陸つぼみ菜」よりも多く、側枝1本当たりの重量は「三陸つぼみ菜」よりも軽い傾向であった。「在来種・農総試系」は、抽台・開花が「三陸つぼみ菜」よりも早い極早生の系統であった。総収量、月別収量、1株当たりの側枝収穫本数及び側枝1本当たりの重量は、「三陸つぼみ菜」と同等であった。
 2.9月上旬(慣行)、9月中旬、10月上旬の3段階に分けて播種を行ったところ、各品種・系統とも側枝の収穫終了時期には播種期の違いはみられず、播種期の早い方が、総収量及び1株当たりの側枝収穫本数は多い傾向であった。ただし、側枝1本当たりの重量は播種期の遅い方が重くなる傾向で、特に10月上旬播種は厳寒期である1月収穫の側枝が重かった。
 3.産地として長期にわたりナバナを安定出荷するには、極早生〜中生の在来種に晩生の「宮内菜」を組み合わせるのが最適と考えられた。

キーワード:ナバナ、在来種、側枝、抽台、開花、播種期
全文ダウンロード PDFファイル
73kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る