ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告41号の目次へ戻る

キク組織培養苗の冷蔵処理による定植後のロゼット化防止

浅見逸夫・山田眞人
摘要:白花一輪キク品種の「白粋」、「神馬」、スプレーギク品種の「ホワイトインパク ト」を用いて、培養苗への冷蔵処理が定植後の生育に及ぼす影響を調査した。
  1. 25℃設定の培養室において、培養棚の蛍光灯を全て点灯した場合、培養容器内の温度 は最高30.0℃、培養苗の葉温は最高29.4℃、培地温度は最高27.9℃を記録した。
  2. 培養苗を照明条件下で5℃冷蔵すると、8週間冷蔵しても茎長が約2.5oしか伸長しな かった。しかし、暗黒条件下では冷蔵2週後から茎が伸長し始め、8週後は照明した培養 苗の茎長の2.5倍までモヤシ状に伸長した。
  3. 培養苗を5℃照明条件下で最長8週間冷蔵を行い、順化後にプランターへ定植して最低 夜温12℃のガラス温室で栽培した。その結果、茎伸長と開花が最も速かったのは8週間冷蔵区であり、僅差で6週冷蔵区であった。無冷蔵区はロゼット化し、6週以上の冷蔵区 に比べ、茎伸長は約1ヶ月〜1.5ヶ月遅れ、開花は1ヶ月〜50日遅れであった。
 以上の結果、キク培養苗を照明条件下で6週間以上、5℃で冷蔵することよって、キクの 生長活性が上昇し、定植後のロゼット化を防止することができた。

キーワード:キク、培養苗、冷蔵処理、ロゼット、生長活性
全文ダウンロード PDFファイル
130kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る