ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告41号の目次へ戻る

風乾物堆肥のECから現物ECを推測する換算式の検討

増田達明・鈴木良地・中谷 洋・原田英雄
摘要:風乾物1:水10条件で測定されたEC(風乾物EC)から、現地において家畜ふん堆肥の評価・施用の目安として用いられている現物1:水10条件でのEC(現物EC)を換算する方法について堆肥試料21点を用いて検討した。
  1. 風乾物堆肥に加える蒸留水量の対数値と得られたECの対数値は、どの堆肥でも直線的に変化した。この結果に基づき、以下の風乾物ECから現物ECへの変換式を作成した。
    • 現物EC(dS/m)=10^(-0.8358*log(100*風乾物乾物率/現物乾物率)+1.6642+log(風乾物EC(dS/m)))
  2. 換算式による換算値と実測値の差は平均0.26dS/mであった。
  3. 風乾物水分を推測値を用いて換算した場合、推測値5%での誤差は平均0.29dS/m、10%では平均0.40dS/mで、誤差が多少大きくなったが、その差はわずかであった。
 これらの結果から、上述した変換式は実測値との誤差はあるものの、現地での目安として用いるのであれば、利用可能であるものと思われる。

キーワード:家畜ふん堆肥、EC、換算式、風乾物、現物
全文ダウンロード PDFファイル
76kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る