ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告42号の目次へ戻る

食用金魚草における農薬「ジノテフラン」のHPLC測定条件の改良

大竹敏也・吉村幸江
摘要:
 愛知県特産の食用金魚草の栽培における農薬「ジノテフラン」の作物残留試験を厚生労働省の通知試験法に従い高速液体クロマトグラフィー(HPLC)で実施したところ、ジノテフランと夾雑物のクロマトグラムのピークが重なり定量することができなかった。そこで、HPLCの溶離液に用いる有機溶媒の種類と配合割合を検討し、ジノテフランと夾雑物のクロマトグラムのピークの分離を試みた。

 その結果、水/アセトニトリル(70:30)の溶離液でカラムコンディショニングを行った後、水/メタノール(92:8)の溶離液で測定を行うとジノテフランと夾雑物は分離し、安定的に定量することができた。また、その分析精度は農薬の登録適用拡大の作物残留試験の分析要件を満たすことができた。

キーワード:地域特産作物、食用金魚草、農薬、ジノテフラン、HPLC、作物残留試験
全文ダウンロード PDFファイル
125kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る