ページの先頭です
メニューの終端です。
農業試験場構内風景

愛知県農業総合試験場

TEL:0561-62-0085
FAX:0561-63-0815


研究報告42号の目次へ戻る

ダゾメット粉粒剤を用いたタマネギ黒腐菌核病の省力的土壌消毒法

加藤晋朗
摘要:
 タマネギ黒腐菌核病の発生が本県産地で増加している。本病に感染したタマネギは、軟化病斑を形成するため軽症であっても出荷不能の大きな被害となる。そこで、本病の発生生態に基づいた省力的な土壌消毒法について検討した。

1.タマネギにおける本病の感染、発病に好適な時期は、11〜12月と3〜4月の2回と考えられた。

2.本病の感染、発病には土壌上層(鱗茎付近)に存在する菌核が強く関与すると考えられた。

3.本病の発生生態に適った、ダゾメット粉粒剤による省力的土壌消毒法を考案し、防除効果等の面で良好な結果を得た。

キーワード:タマネギ、黒腐菌核病、土壌消毒
全文ダウンロード PDFファイル
366kb


試験場のトップへ
試験場のトップページへ戻る