愛知県警察

top
menu

 公開日:2020/04/01

古物・質屋営業

古物営業法の解説等

古物営業の各種申請・届出手続

これから古物営業の許可申請や届出をされる方

古物商許可申請

古物市場主許可申請

古物競りあっせん業者の届出

すでに古物営業の許可をお持ちの方

変更届出・書換申請

  • 営業者の住所が変わった。
  • 法人の名称、所在地が変わった。
  • 営業所を移転、追加又は廃止する。
  • 営業所の名称を変える。
  • 営業所の管理者を替えた。
  • 法人の代表取締役又は役員が替わった。
  • ホームページのURLを変更、追加又は削除した。

許可証の再交付申請

  • 許可証を失くしてしまった。
  • 許可証を毀損し、回復の見込みがない。

競り売りの届出

  • 自身のお店や会場を借りて競り売りを行う。
  • 自身のホームページで品物を競り売り形式で行う。

仮設店舗営業の届出

  • 営業所以外の場所に仮設店舗を設けて古物の買取りを行う。

許可証の返納届出

  • 古物営業を廃止した。
  • 許可を受けていた法人が解散又は合併により消滅した。
  • 再交付を受けた後、古い許可証が見つかった。

新許可証の交付申請(旧法の許可証に対する経過措置、令和3年3月31日まで)

二つ以上の公安委員会から旧法許可を受けていた方は、新許可証の交付申請をしなければなりません。

質屋の許可申請手続

「質屋」とは許可を受けて、物品を質に取り、流質期限までに当該質物で担保される債権の弁済を受けないときは、当該質物をもってその弁済に充てる約款を附して、金銭を貸し付ける営業です。

申請・届出に関する問合せ先

営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課

884